RSS

チャオプラヤ川下に地下鉄、初のトンネル工事着工

2013年1月28日(月) 00時58分(タイ時間)
【タイ】バンコク都内のタープラで24日、チャオプラヤ川の下を通る初のトンネルの着工式が、インラク首相、チャチャート運輸相らの出席のもと、行われた。

 トンネルはバンコク首都圏鉄道MRTブルーライン延伸区間の一部で、チャオプラ川西岸のタープラ駅から、イサラパープ駅を経て、チャオプラヤ川の下を通り、東岸のサナームチャイ駅に至る全長2・6キロ。トンネル掘削機を使い、地下20—30メートルを1日平均14メートル掘り進む予定。タイのゼネコン(総合建設会社)大手チョーカンチャンが施工を担当する。

〈お詫びと訂正〉
記事本文に当初、「タイのゼネコン(総合建設会社)大手シノタイ・エンジニアリング・アンド・コンストラクションが施工を担当する」と記載しましたが、誤りで、正しくは「タイのゼネコン(総合建設会社)大手チョーカンチャンが施工を担当する」です。お詫びして訂正いたします。

20130124%20PM%20%28MRTA%29%20-%203.jpg
写真提供、タイ政府
《newsclip》


新着PR情報