RSS

反タクシン派新聞社に銃撃、窓ガラス割れる

2013年1月28日(月) 01時11分(タイ時間)
【タイ】26日未明、反タクシン元首相派の新聞大手ASTVプージャッカーンのバンコク都内プラアーティット通りの本社に銃弾が撃ち込まれ、2階の窓ガラスと路上に駐車してあった同社の自動車4台の窓ガラスが割れた。けが人はなかった。現場は旅行者街カオサン通りに近く、外国人が多い地区。

 ASTVは2006年のバンコクでの街頭デモや2008年のタイ首相府と2空港占拠といった過激なデモで知られる反タクシン派団体「民主主義のための市民同盟(PAD)」の創設者で実業家のソンティ・リムトンクン氏が実質的なオーナー。最近、タイとカンボジアの国境紛争やタイ深南部のマレー系イスラム過激派によるテロについて、プラユット陸軍司令官を批判する記事を掲載し、今月11、12日、軍服姿の兵士数十人がASTV本社前で抗議集会を開く騒ぎがあった。
《newsclip》


新着PR情報