RSS

秋篠宮さま、カンボジア前国王葬儀に参列

2013年2月4日(月) 18時00分(タイ時間)
【カンボジア】昨年10月、89歳で北京で死去したシアヌーク前カンボジア国王の葬儀が4日、仏教の伝統に従い、首都プノンペンでしめやかに営まれた。シハモニ国王をはじめ王室関係者、フン・セン首相、日本から秋篠宮さま、タイからインラク首相ら16カ国の首脳が参列した。秋篠宮さまは5日、タイ経由で帰国される。

 タイからはインラク首相のほか、ポンテープ副首相兼教育相、スラポン副首相兼外相、スカムポン国防相、サンサニー首相府相が葬儀に参列した。

 新華社電などによると、火葬儀式は同日夕、高僧90人による読経が響く中で始まり、シハモニ国王らが前国王に最後の別れを告げ、遺体が荼毘(だび)に付された。

 シハモニ国王は、火葬儀式当日、受刑者405人の特赦を実施した。対象には外国人も30人含まれている。

 一連の仏教儀式は7日まで続き、遺灰は王宮内に安置される。同国では1日から7日までが服喪期間となっており、娯楽活動が中止されている。

 シアヌーク前国王は1922年にプノンペンで生まれ、41年に国王に即位。その後の仏領インドシナで独立運動を主導し、53年にカンボジアは植民地統治からの完全独立を達成した。55年に父親のスラマリット元国王に王位を譲り、退位した後は、「殿下」の称号で政治活動を展開。総選挙で圧勝して翼賛体制を敷き、父親の死去後は自ら国家元首に就任した。しかし、ベトナム戦争中の70年にロン・ノル将軍らのクーデターで国外に追放され、北京に亡命政権を樹立。かつて自らが弾圧したポル・ポト派と手を結び帰国。ロン・ノル政権を崩壊に追い込み、75年にはシアヌーク前国王を国家元首とする「民主カンプチア」が成立した。しかし、前国王はポル・ポト派による事実上の幽閉下に置かれた。

 ポル・ポト派崩壊とカンボジア内戦の終結に伴い、92年に国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)が平和維持活動(PKO)を開始。93年の総選挙でシアヌーク前国王の次男ラナリット王子率いるフンシンペック党が第1党となり、新憲法で憲君主制が成立すると、シアヌーク前国王は国王に再即位した。2004年に退位後は、主に北京でがん、糖尿病、高血圧などの療養生活を送っていた。

20130204%20PM%20-%201.jpg
上写真 シハモニ・カンボジア国王(左)とインラク首相
下写真 カンボジアのフン・セン首相とインラク首相
(写真提供、タイ首相府)
《newsclip》

特集



新着PR情報