RSS

バンコク都知事選、タクシン派候補がリード広げる

2013年2月10日(日) 16時26分(タイ時間)
【タイ】3月3日投票のバンコク都知事選は各種世論調査でタクシン元首相派与党プアタイが擁立したポンサパット・ポンジャルーン前麻薬取締委員会事務局長兼警察副長官(57、写真右)が野党民主党公認で2期目を目指すスクムパン・ボリパット前都知事(60、写真中央)をリードしている。両候補の差は選挙戦開始時点でほぼ横並びだったが、その後じりじりとポンサパット氏がリードを広げているもようだ。

 両候補の支持率は、5、6日にタイ国立開発行政研究院(NIDA)が実施した世論調査(18歳以上のバンコク都民対象、回答者1500人)でポンサパット氏24・5%、スクムパン氏22・9%、「まだ決めていない」41・1%。

 タイ国立ラチャパット大学ドゥシット校が2―6日に実施した調査(バンコク都民対象、回答者3410人)でポンサパット氏42・6%、スクムパン氏34・3%、「まだ決めていない」15%。

 私立アサンプション大学(ABAC)が1月31日―2月6日に実施した調査(バンコク都民の有権者対象、回答者2518人)でポンサパット氏42%、スクムパン氏33・5%。

 私立バンコク大学が1―5日に実施した調査(18歳以上のバンコク都民対象、回答者数1586人)でポンサパット氏35・2%、スクムパン氏28・3%、「まだ決めていない」24・7%だった。
《newsclip》


新着PR情報