RSS

バンコクでまた道路陥没 ジャルーンクルン通り

2013年2月11日(月) 12時52分(タイ時間)
【タイ】8日午後2時ごろ、バンコク都内のシュルーズベリー・インターナショナルスクール近くのジャルーンクルン通りで路面が直径約1メートル、深さ約1メートルほど陥没した。車が穴にはまるなどの事故はなく、けが人はなかった。地区当局は1車線を通行止めにし、9日午前3時までに修復工事を終えた。陥没現場では7日夜、水道管の修理が行われており、漏れた水で道路の下の土が流れ、路面が陥没したとみられている。

 バンコクでは昨年、道路陥没が頻発し、地下鉄MRTルムピニ駅近くのラマ4世通り、ショッピングセンターのサイアムディスカバリーセンター前のパヤタイ通り、アソーク交差点といった中心部の幹線道路でも発生した。今年1月1日には高架電車BTSプルンジット駅近くのウィタユ通りで路面が縦約1メートル、横約3メートルにわたり、深さ約1メートルほど陥没し、陥没箇所に後輪がはまった路線バスが立ち往生する騒ぎがあった。
《newsclip》


新着PR情報