RSS

日本の国際漫画賞 タイから応募が最多、最優秀賞も

2013年2月12日(火) 13時17分(タイ時間)
【タイ】海外で漫画文化の普及に貢献する漫画作家を顕彰する目的で日本の外務省が2007年に創設した国際漫画賞の今年の授賞式が8日、東京で行われた。

 最優秀賞に選ばれたのはタイ人のコーシン・チーンシーコンさんの作品「ガンサダーンの音(ね)が聞こえる」。ロックドラマーの青年が亡父の再婚相手の女性や弟子たちと一緒にタイ楽器の習得に励むという内容だ。

 国際漫画賞は今年で6回目で、38カ国・地域から245作品の応募があった。応募が最も多かったのはタイで47作品。ついで台湾36作品、インドネシア21作品だった。優秀賞はタイ、インドネシア、中国の計3作品だった。
《newsclip》


新着PR情報