RSS

12年のバンコク首都圏住宅売買、4割がマンション

2013年2月20日(水) 13時13分(タイ時間)
【タイ】タイ政府住宅銀行(GHB)不動産情報センターによると、バンコク首都圏1都5県(バンコク都、ノンタブリ県、パトゥムタニ県、サムットプラカン県、サムットサコン県、ナコンパトム県)の2012年の住宅所有権移転登記件数は前年比3%増の15万6300件で、新築が57%、中古が43%だった。総額は12%増の3570億バーツ。

 内訳はマンション6万6700件(新築69%、中古31%)、タウンハウス4万6000件(新築52%、中古48%)、一戸建て2万6700件(新築49%、中古51%)などで、マンションの専有面積はバンコク都内で平均29・9平方メートル、その他5県で平均31・1平方メートルだった。
《newsclip》


新着PR情報