RSS

タイ国鉄、マカサン駅一帯で大規模再開発

2013年2月25日(月) 12時04分(タイ時間)
【タイ】タイ国鉄(SRT)はバンコク都内と郊外のスワンナプーム国際空港を結ぶ鉄道空港線(エアポートリンク、全長28キロ)のマカサン駅(シティターミナル)一帯の所有地を再開発する計画だ。民間企業に30年間の事業権で開発運営を委ねる方針で、3、4月に具体的な計画を明らかにする予定。敷地面積は数十ヘクタール、事業規模は2000億バーツに上る見通しという。
《newsclip》


新着PR情報