RSS

宮里藍選手らの車列、バンコク郊外で玉突き衝突

2013年2月25日(月) 16時42分(タイ時間)
【タイ】24日、女子ゴルフの宮里藍選手、ポーラ・クリーマー選手(米国)、スーザン・ペターセン選手(ノルウェー)らが乗った車5台がタイ東部パタヤ市からバンコク郊外のスワンナプーム空港に向かう途中、玉突き事故を起こした。

 ペターセン選手のブログによると、3人の車列は「かなり高速で走行し、時々、乱暴すぎる運転」で、一瞬にして、「5台全部がぶつかった」。3人に大きなケガはなかったが、宮里選手、クリーマー選手は首の痛みを訴えたという。3人は最後尾を走っていて破損が激しくなかった車に乗り、空港まで移動し、空路、シンガポール入りした。
 
 3人は今月21―24日にパタヤ郊外のサイアムCCで開催された米女子ツアーの今季第2戦「ホンダLPGAタイランド」に出場。28日―3月3日にシンガポールで開催される次戦「HSBC女子チャンピオンズ」に出場するため、スワンナプーム空港に向かっていた。

 この事故を報じたタイの新聞(電子版)のコメント欄には、「運転試験が事実上無いのだから、何を期待する?」、「乗り合いバンの運転手にゆっくり運転してくれと頼んだら、妻子ともども道路脇に降ろされた」など、タイの職業運転手の質の低さを指摘するコメントが相次いだ。
《newsclip》


新着PR情報