RSS

屋内設置のマイクロデータセンター 日立システムズがタイでグローバル対応モデル販売

2013年3月5日(火) 23時53分(タイ時間)
【タイ】日立システムズは5日、省スペース、低消費電力でデータセンター機能を利用可能なマイクロデータセンターのグローバル対応モデルを、販売パートナーを通じ、同日からタイで販売すると発表した。4月から、シンガポール、マレーシア、インドネシアでも販売する。東南アジアの日系企業や現地企業向けに拡販し、2015年度末までに累計10億円の販売を目指す。

 この製品はサーバーラックにサーバーなどのIT機器や空調ユニット、UPS(無停電電源装置)を搭載する屋内設置型の装置。特殊な工事は不要で、高温多湿な東南アジア地域でシステムを安定的に利用できるように、45度の外気に耐える設計になっている。現地生産と輸送の効率化により、従来製品よりも安価で提供する。データセンターやサーバールームを新設、利用する場合に比べ、導入、運用コストが大幅に下がり、企業の成長にあわせて柔軟に移設、拡張が可能。サーバー統合サービスや仮想化システムの導入、遠隔監視サービス、ヘルプデスクサービスなども利用できる。

20130305_01.jpg
マイクロデータセンターの
グローバル対応モデル
《newsclip》


新着PR情報