RSS

タイのパオ元副首相死去、名門サラシン家出身

2013年3月10日(日) 12時59分(タイ時間)
【タイ】1980―1990年代に警察長官、副首相、内相などを務めたパオ・サラシン氏が8日夜、バンコク都内のシリラート病院で死去した。83歳。パオ氏は1カ月ほど前から血液感染の治療のためシリラート病院に入院していた。

 タイ屈指の名門一族、サラシン家の出身で、父は故ポット・サラシン元首相。弟のアーサー・サラシン氏は外務次官、駐米大使、外相などを歴任した後、プミポン国王の秘書官を長く務めた。
《newsclip》