RSS

覆面・山刀の少年グループが学校に乱入 警備員発砲で3人死傷 タイ東北部

2013年3月12日(火) 01時50分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、11日午前、タイ東北部ブリラム市内の学校で、山刀を持って乱入した覆面の若者十数人に、学校の警備員がけん銃を発砲し、襲撃者の1人の16歳の少年が死亡、16歳と15歳の少年、計2人が負傷した。襲撃の様子は学校の防犯カメラに捉えられ、テレビのニュース番組で放送された。

 若者グループはピックアップトラックで乗りつけ、学校に押し入った。教員、生徒らは走って逃げ、無事だった。警備員は校舎内に入ろうとした若者グループにけん銃を発砲。若者グループは一斉に逃げ、ピックアップトラックで負傷者を病院に運んだ。

 この学校の校長は昨年7月、校内で若者に刃物で切りつけられ、顔に大けがを負った。今回の襲撃も校長に危害を加えることが目的だったとみられている。警察は学校間の対立が原因の可能性があると見て、捜査を進める方針。
《newsclip》


新着PR情報