RSS

バンコク高架電車 駅間で停車、ドア開く

2013年3月13日(水) 02時35分(タイ時間)
【タイ】12日午前9時50分ごろ、バンコク高架電車BTSスクムビット線で、チッロム駅からサイアム駅に向かっていた車両が駅間で停車し、ドアが開くトラブルがあった。線路に落ちた人はおらず、けが人はなかった。

 今回のトラブルは人身事故につながる可能性があったが、問題が起きた車両で車内放送はなく、BTSからの公式発表もなかった。乗客が撮影した写真がインターネット上で広がり、問題となった後、BTS幹部がメディア各社の取材に対し、「ドアが開いたのは2分間だけだ」などとコメントした。BTSの広報はニュースクリップに対し、この幹部の発言と同じ内容を繰り返し、再発防止策に関する説明はなかった。

 BTSは1999年にスクムビット線とシーロム線の2路線が開業。開業当初の乗客数は1日平均14万―15万人だったが、今年1月には55万人に達し、ラッシュ時には満員で乗れないこともある。
《newsclip》


新着PR情報