RSS

マレーシア・サバ州武装勢力掃討、双方の死者66人に

2013年3月13日(水) 20時59分(タイ時間)
【マレーシア】フィリピンからマレーシア・サバ州に不法上陸したイスラム教徒の武装勢力を掃討するマレーシア治安部隊の作戦は開始から1週間以上がたち、双方の死者数は12日までに少なくとも66人に達した。マレーシア各紙が伝えた。

 武装勢力側の死者は57人で、先週の交戦で死亡した武装勢力幹部がモロ民族解放戦線(MNLF)の元幹部だったことも判明した。一方、治安部隊側ではこれまでに警官8人が殉職したほか、兵士1人が銃撃戦で死亡した。

 マレーシア政府は武装勢力側からの停戦提案を拒否し、あくまで無条件での投降を求め、掃討作戦を継続しており、事態収拾のめどは立っていない。
《newsclip》