RSS

宇部興産など、マレーシアでポリブタジエンゴム製造

2013年3月14日(木) 12時53分(タイ時間)
【マレーシア】宇部興産はポリブタジエンゴム(BR)を製造販売する合弁会社をマレーシア・ジョホール州に設立し、2014年に製造を開始する。年産能力5万トンで、将来的には7・2万トンまで増強する計画。

 合弁会社は「マレーシアン・シンセティック・ラバー」。資本金1億8400万リンギ(約58億円)で、出資比率は宇部興産40%、韓国のロッテケミカル40%、ロッテケミカルタイタンホールディング10%、三菱商事10%。ロッテケミカルグループのタイタンケミカルが原料であるブタジエンを供給し、BRの製造技術は宇部興産がライセンス供与する。

 BRはタイヤ、耐衝撃性ポリスチレン、靴底向けが主な用途で、最大市場のアジアを中心に今後、年6―7%の需要の伸びが見込まれる。宇部興産は現在、BRを世界3拠点で生産し、グループの年産能力は千葉11万トン、タイ7・2万トン、中国7・2万トンの計25・4万トン。2013年末には千葉で1・6万トンの能力増強を予定している。

 ロッテケミカルグループはブタジエンを世界3拠点で生産し、年産能力は韓国30万トン、マレーシア10万トン。
《newsclip》