RSS

富士フイルム ミャンマー仏塔の写真記念館改装、写真を修復

2013年3月16日(土) 17時41分(タイ時間)
【ミャンマー】富士フイルムは14日、ミャンマー最大の都市ヤンゴンにある仏塔シュエダゴン・パゴダの写真記念館の改装と館内に飾られた写真の修復を行い、13日にミャンマーの社会福祉大臣ら政府関係者、富士フイルムホールディングスの古森重隆会長・最高経営責任者(CEO)ら約300人が出席し、現地で記念式典を開催したと発表した。

 シュエダゴン・パゴダの境内にある写真記念館には20世紀初頭に撮影された写真など仏塔の貴重な記録写真が展示されていたが、写真は長年にわたり高温多湿な外気にさらされ、色あせなどの劣化が進んでいた。富士フイルムは劣化した写真をスキャンし、色あせや傷ついた部分の補修を行った上で、高画質なプリントを作成。改装した写真記念館に、修復した写真や新たに撮影した仏塔の風景を展示した。
《newsclip》


新着PR情報