RSS

タイ・チリFTA、第4四半期発効へ

2013年3月17日(日) 15時27分(タイ時間)
【タイ】タイ国会は12日、タイとチリの自由貿易協定(FTA)を承認した。タイ商務省によると、調印を経て、今年第4四半期に発効する見通しで、発効時に90%の品目の関税を撤廃し、残る10%は段階的に税率を引き下げる。タイからは自動車、水産物加工品、家電などの輸出拡大が期待される。また、タイ企業はチリのサービス業のほぼすべての業種に100%出資で参入できるようになる。

 2012年のタイからチリへの輸出は前年比21%増の6・3億ドル、チリからタイへの輸出は2%減の3・5億ドルだった。
《newsclip》


新着PR情報