RSS

タイ航空機、着陸後に滑走路でタイヤ交換

2013年3月19日(火) 01時20分(タイ時間)
【タイ】16日朝、タイ国際航空TG314便コルカタ発バンコク行きのエアバスA330―300型機がバンコクのスワンナプーム空港に着陸後、滑走路上でタイヤを交換し、旅客ターミナルへの移動が2時間遅れる騒ぎがあった。タイのメディは当初、タイヤがパンクしたと報じたが、タイ航空はこれを否定し、タイヤの気圧が低かったため交換したと説明した。同機には乗客270人、乗員21人が乗っていた。
《newsclip》


新着PR情報