RSS

三菱自、タイ工場からの累計輸出200万台突破

2013年3月21日(木) 00時05分(タイ時間)
【タイ】三菱自動車工業は20日、タイの生産販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)の輸出台数が1988年の輸出開始から今年2月末までで累計200万台に達したと発表した。このうち170万台は完成車で、残りが完全ノックダウン部品(CKD)。完成車は乗用車9万5726台、1トンピックアップトラック143万6146台、SUV(スポーツ多目的車)「パジェロスポーツ」18万1464台で、主に東南アジア、中東、欧州、アフリカ、オーストラリアに輸出した。CKDはラテンアメリカ向けのピックアップトラックが中心。

 MMThはタイの3工場で、乗用車「ミラージュ」、1トンピックアップトラック「トライトン」などを製造している。年産能力は46万台。2012年のタイ国内での販売は前年98%増の12万9460台、市場シェア9%だった。
《newsclip》