RSS

タイ北部のミャンマー難民キャンプで火事、37人死亡

2013年3月25日(月) 02時49分(タイ時間)
【タイ】22日午後、タイ北部メーホンソン県のミャンマー難民キャンプで火事があり、少なくとも37人が死亡、約100人がけがをし、約2300人が住居を失った。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、タイ当局などが救援にあたっている。調理中の失火が出火原因とみられるが、野焼きの延焼、放火などの可能性もあるとみられている。

 UNHCRによると、タイのミャンマー国境地帯には9カ所の難民キャンプがあり、約14万人の難民が居住している。火事があったのはこうした難民キャンプのひとつで、少数民族カレン族約3800人が暮らしていた。

Camp%20to%20be%20rebuilt%20%28send%20from%20Ministry%20of%20Interior%29%20-%203.jpg
Camp%20to%20be%20rebuilt%20%28send%20from%20Ministry%20of%20Interior%29%20-%202.jpg
20130324%20Camp%20to%20be%20rebuilt%20-%202.jpg
Camp%20to%20be%20rebuilt%20%28send%20from%20Ministry%20of%20Interior%29%20-%206.jpg
写真提供、タイ内務省
《newsclip》