RSS

日本政府、ミャンマーに205億円無償資金協力

2013年3月26日(火) 11時43分(タイ時間)
【ミャンマー】日本政府はミャンマーに対し、11件、総額204・7億円の無償資金協力を行うことを決め、22日、同国の首都ネピドーで交換公文に署名した。農業関連の人材育成に向けた教育研修施設の機材整備に10・1億円、ヤンゴンとマンダレーの病院の医療機材整備に11・4億円、気象監視能力強化のための設備整備に38・4億円、ヤンゴン、マンダレーなど主要空港の安全性向上に関する機材及び空港の保安に関する機材整備に12・3億円、バルーチャン第二水力発電所(出力168メガワット)の補修・更新に66・7億円、ヤンゴン中心部とヤンゴン川を挟んだダラー地区を結ぶフェリー3隻の新規導入に11・7億円、インフラ整備、教育など少数民族支援に54・1億円を供与する。
《newsclip》