RSS

タイ航空の超大型機 成田着陸で左右に揺れバウンド、白煙上げる

2013年3月27日(水) 00時51分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空の総2階建て超大型旅客機A380が成田空港に着陸した際に、左右に大きく揺れながらバウンドしてタイヤから激しく白煙を上げる映像がインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿され、タイの新聞、メディアで取り上げられた。映像は今月13日のもので、着陸当時、空港周辺では強風が吹いていたという。この件について、タイ航空の広報は「経営陣から説明はない。詳細は明らかにできない」と述べた。動画に対するタイ人のコメントは機長の技量を称賛するものが多かった。

 タイ航空は今月13日、バンコクのスワンナプーム空港でシドニー行きのボーイング747―400型機に故障がみつかり、出発が4時間以上遅れた際にも、「整備部門から連絡がないので詳細はわからない」と説明を拒否した。今月16日には同航空のコルカタ発バンコク行きのエアバスA330―300型機がスワンナプーム空港に着陸後、滑走路上でタイヤを交換し、旅客ターミナルへの移動が2時間遅れる騒ぎがあった。
《newsclip》