RSS

ローソンがタイ上陸、29日にバンコクで3店出店

2013年3月27日(水) 00時56分(タイ時間)
【タイ】ローソンとタイ消費財大手サハグループの合弁会社サハローソンはサハグループがタイ国内で展開するコンビニエンスストア「108ショップ」のバンコクの3店舗を改装し、「ローソン108」として29日にリニューアルオープンする。ローソンがタイに出店するのは初めて。

 4月までに計4店を出店して現地のニーズを検証し、7月以降、出店を加速する。2013年度中に、「108ショップ」の衣替えと新規出店で計50店を展開する計画だ。

 サハローソンは資本金約7億バーツで、サハグループが50%、ローソンが49%、タイ三菱商事が1%出資し、2012年11月に設立された。

 タイのコンビニ店舗数はタイ大手財閥CPグループ傘下のCPオールがフランチャイズ展開する「セブンイレブン」が6822店(2012年末)、ファミリーマートとタイ小売り大手セントラル・グループの合弁会社が運営する「ファミリーマート」が806店(2013年2月末)。

〈サハグループ〉
消費財、衣料、食品などを中心にグループ企業250社以上。ワコール、ライオンなど日本企業との合弁会社も多い。
《newsclip》