RSS

サムスン電子、ベトナムの第2携帯電話工場着工 投資額20億ドル

2013年3月28日(木) 20時56分(タイ時間)
【ベトナム】サムスン電子は25日、ベトナム北部のタイグエン省で同国で2カ所目となる工場の着工式を行った。投資額は20億米ドルで、年内にも操業を開始し、携帯電話端末とデジタルカメラを生産する。携帯電話端末は生産能力を徐々に増やし、3年後には最大で年間1億2000万台の生産を見込む。聯合ニュースなどが伝えた。

 ベトナムでの携帯電話端末の生産能力は、バクニン工場(年産1億2000万台)と合わせ、2億4000万台に拡大する。
《newsclip》


新着PR情報