RSS

〈タイ業界事情〉 システム開発 (クラウド)

2013年3月29日(金) 10時39分(タイ時間)

OPTIMUM Enterprise Co., Ltd.
渋谷和義 氏 (Representative Director)

システム導入に変化 タイでもクラウドへの流れ

使いやすさで評価が高い「エレメンタリー」シリーズ

 生産、在庫、販売といった管理業務は一昔前まで、大掛かりなシステムの導入を必要とした。多額な初期投資、長い導入期間、使いこなすための導入教育。大企業ならまだしも、中小企業にとってはオーバースペックな機能も多く、業務の規模に応じたシステム導入が求められていった。

 弊社が販売を続けている「エレメンタリー」シリーズも、簡単、シンプル、分かりやすい操作がコンセプトの、中小企業に受け入れられやすい管理システムだ。2010年9月に発表、2011年より本格的に販売。タイのみならずベトナムやマレーシアといった近隣諸国でも導入実績が伸びている。

  「エレメンタリー」シリーズは、これまで、Excelなどを使って管理していたデータを一歩進んでシステム化・データの一元化を行う、「初めてのシステム化に最適」というコンセプトで、機能を最小限に絞り込んでいる。導入に際しても2カ月程度で済み、大掛かりな導入期間も必要としない。

 最小限の機能でありながら、MRPによる所要量計算やオーダーの履歴管理、材料手配、出荷管理、生産実績管理といった、生産管理システムで必要な機能は一通り搭載している。多言語対応なので、アジア各国の関連会社でシステムを統一することも可能だ。その一方、アドオンしやすいので機能の追加が容易、大企業でご利用いただいているケースも多い。

月々の経費で処理、初期投資を抑えられるクラウド

 管理システムは開発もしくはパッケージの導入から、クラウド型に変わりつつある。日本ではクラウド型の管理システムがかなり増えてきた。クラウドというのはインターネットで業者が保守する管理システムにアクセス、自社内にサーバーを設ける必要がない。使用開始当初の導入教育費はかかったとしても、多額な初期投資は不要。月極の使用料を払うだけだ。

 弊社で取り扱うシステムは、Cloud2MFG (Thailand) CO., LTD.の「Cloud2」シリーズ。生産管理、在庫管理、倉庫管理システムなどを揃え、事業規模の大小にあわせて導入が可能だ。昨年9月発表、今年から本格的に販売に乗り出す。

 管理システムのクラウド化のメリットは多大だ。システムに対する初期投資が不要で月極の使用料のみということに加え、業者がサーバーやシステムの保守を受け持つので、自社内にサーバ管理者を置く必要がない。タイは一昨年、北部・中部を中心に未曾有の洪水に襲われ、日系企業も多くが被災した。弊社のお客様もサーバーが水に浸かってデータの消失に至ったが、クラウドの場合データは自社内に存在しないのでデータは安全だ。インターネットでのアクセスが可能なため、本社がオンタイムで管理状況を確認できる。「Cloud2」も「エレメンタリー」シリーズ同様、カスタマイズが容易な構造となっている。必要な機能を追加したり、バーコードと組み合わせたり、といったカスタマイズも簡単に対応が可能だ。

社内にサーバー設置も可能なバージョン

 タイのインターネット環境は不安定、という声は絶えない。バンコク首都圏や各地の主要都市はともかく、いわゆる地方になると実際、不安定なときがある。また、インターネット環境が安定していても、データ量が多くなってくるとレスポンスの問題も心配となる。そのような環境に不安をもたれる方には、「Cloud2」と同じシステムでありながら、社内にサーバーを設置するバージョンを提案することも可能だ。「エレメンタリー」シリーズや「Cloud2」と連携を取ることが可能な生産計画システム「Flexsche」や会計システム「DynamicsSL」も扱っている。それらも合わせてシステムを提供していく。

 管理システムパッケージの「エレメンタリー」シリーズ同様、「Cloud2」もタイのみならずベトナム、マレーシアで販売攻勢をかけていく。2月にタイで、3月にベトナムのホーチミンとハノイで生産管理・IT化セミナーを実施する予定で、そこでも「Cloud2」の紹介やアセアンでのシステム導入事例の紹介を行っていく。また、香港法人を立ち上げているので、香港から東南アジア諸国各地への迅速なサポートも可能となった。

 将来的にはミャンマーやカンボジアへの進出、香港からのサポートを考えると中国への進出も視野に入れている。弊社が地盤とするタイでは、2―3年内にクラウドをメインとした顧客構成を目指したい。

OPTIMUM Enterprise Co., Ltd.
住所:32/29 Sino-Thai Tower, 8th Fl., Zone A, Unit C, Sukhumvit 21 (Asoke) Rd., Klongtoey Nua, Wattana, Bangkok 10110
電話:0-2261-0790, 089-920-3392(日本人窓口:渋谷)
ファクス:0-2261-0791
Eメール:sales-jpn@ope.co.th
ウェブサイト:http://www.ope.co.th
《newsclip》


新着PR情報