RSS

タイ深南部ヤラー、ホテル4カ所で爆弾テロ 首相訪問の数時間後

2013年4月9日(火) 16時19分(タイ時間)
【タイ】タイ深南部ヤラー市では7日、インラク首相が同市を訪問した数時間後、市内のホテル4軒、「コーラーホテル」、「セブンイン」、「ヤラーグランドパレスホテル」、「テープウィマーンホテル」で相次いで爆弾が爆発し、2人がけがをした。8日には大学前で時限爆弾がみつかり、警察の爆発物処理班が処理した。

 隣県のナラティワートでは7日、バイクでパトロール中の兵士2人が爆弾と銃で襲撃され死亡し、ライフル銃などを奪われた。県内の別の場所では道路に仕掛けた爆弾が爆発し、近くを走行していた警察のピックアップトラックが一部破損し、乗っていた警官4人がけがをした。
 
 また、深南部問題を担当するチャルーム副首相の顧問を務めるナジャムディン・ウマー元下院議員の自宅に8日午前2時ごろと9日午前零時半ごろの2度、てき弾(小型砲弾)が撃ち込まれた。最初の襲撃では元議員宅の屋根や自動車が破損。2度目はてき弾が屋根に当たって隣宅近くに落ち、住民2人がけがをした。

 タイ治安当局はいずれの事件も、タイからの分離独立を求めるマレー系イスラム武装勢力の犯行とみている。
《newsclip》


新着PR情報