RSS

インラク首相とプレム議長、タイ空軍パーティーで同席

2013年4月10日(水) 12時12分(タイ時間)
【タイ】9日夜、タイ空軍記念日の祝賀パーティーがバンコク都内のタイ空軍コンベンションホールで開催され、主賓として招かれたプレム枢密院議長(元首相・元陸軍司令官、92)がインラク首相(45)、スカムポン国防相(61)、プラジン空軍司令官らの出迎えを受けた。プレム議長はプミポン国王(85)の側近で、インラク首相の兄のタクシン元首相(63)の政敵と目される有力者だが、この日は笑顔でインラク首相と会話を交わした。プレム議長とインラク首相が公の場で顔を合わせたのは1月の陸軍記念日祝賀パーティー以来。

 タイでは2006年以降、地方住民、中低所得者が多いタクシン派と特権階級を中心とする反タクシン派の抗争が続き、政治・社会が混乱している。反タクシン派はタクシン氏を反王室の腐敗政治家と糾弾し、2006年の軍事クーデターでタクシン政権を追放。タクシン派は特権階級が軍官財界を動かし民主主義や法治をねじまげているとして、2009年、2010年と反タクシン派政権打倒のデモを行った。2010年のデモでは治安部隊との衝突で、市民、兵士ら91人が死亡、1400人以上が負傷した。タクシン派は2011年の下院総選挙で勝利し、インラク政権が発足した。

20130409%20Royal%20Thai%20Air%20Force%20Day%20-%204.jpg
20130409%20Royal%20Thai%20Air%20Force%20Day%20-%209.jpg
プレム議長(左)とインラク首相(右) (写真提供、タイ首相府)


〈プレム・ティンスラーノン〉
1920年、南部ソンクラー生まれ。1978―1980年陸軍司令官、1980―1988年首相。プレム政権は非議員のプレム氏が特権階級や軍の威光を背景に首相を務める変則的な政治体制で、「半分の民主主義」と呼ばれた。プミポン国王の信頼があつく、1988年の首相退任時に枢密顧問官に任命されるとともに、「ラタブルット(国家功労者)」の称号を受けた。1998年から枢密院議長。政財官界や特に軍に極めて強い影響力を持ち、年末年始やタイ正月、自身の誕生日前後には毎年、現役の軍、警察の最高幹部が祝賀に訪れる。これは、軍、警察がプレム議長を通じて国王への忠誠を示す慣行とみられている。結婚したことはなく、最近は公の場に若い男性にエスコートされ登場することがある。
《newsclip》


新着PR情報