RSS

19世紀のタイ仏像が帰国 日本人女性が寄贈、ネット上に感謝の声

2013年4月11日(木) 13時12分(タイ時間)
【タイ】タイ文化省によると、東京在住の日本人女性が昨年タイ政府に寄贈したタイの仏像18体が今月2―8日、バンコク国立博物館で展示された。この仏像は女性の義父が骨とう品店で購入したもので、義父と夫が死去したため、タイへの寄贈を決めたという。高さ11センチから167センチで、タイ文化省の鑑定では、いずれも19世紀に製作された。

 このニュースを伝えたタイのニュースサイトのコメント欄には、寄贈者の女性への感謝の言葉が並んだ。「現代の日本人は一番品格があって尊敬できる」、「日本人は礼儀正しくてすごく好き」と日本人を評価するコメントもあった。

rare%20Buddha%20-%2015.jpg
寄贈された仏像 (写真提供、タイ文化省)
《newsclip》


新着PR情報