RSS

中国:第一汽車の巨額資金流出事件、当副総経理を含む幹部100人超が拘束される

2013年4月14日(日) 08時33分(タイ時間)
【中国】自動車メーカー大手の第一汽車集団で、約100億人民元(1590億円)の不動産開発資金が行方不明となっている問題で、捜査当局はこれまでに100人を超える高級幹部・管理職を拘束したもようだ。周勇江・副総経理も含まれるという。本土メディアが11日付で伝えた。
 共産党中央組織部(中組部)と共産党中央紀律検査委員会(中紀委)が連携し、5チーム体制で取り調べに着手。すでに複数の幹部が「双規」(共産党の規律調査措置、規定の時間に規定の場所で事情を説明することの略)の処分を受けたとされる。
 捜査関係者は同案件に関し、不正は非常に複雑かつ複数のグループ企業に及んでいると指摘。捜査範囲の拡大は避けられず、短期間の解決は困難とする見方を強調した。
 上場計画がとん挫する可能性も出ていた。同グループは10年7月にAH株上場計画を打ち出し、上場母体の第一汽車股フン公司を設立したものの、“1953年の工場建設以来で最大の汚職事件”の発覚にともない、無期限延期は避けられない情況だ。〈中国の統計データ・産業ニュース 亜州IR株式会社〉
《newsclip》


新着PR情報