RSS

中国:湖北省襄陽でホテル火災、14人が犠牲に

2013年4月16日(火) 17時43分(タイ時間)
【中国】湖北省襄陽市で14日午前6時ごろにホテル火災が発生し、14人が死亡する事故が起きた。濃煙や炎に巻き込まれて犠牲となっている。宿泊客47人も負傷した。
 同市樊城区前進東路の「一景城市花園酒店」が燃焼し、約3時間後の午前8時50分ごろに消し止められたという。部屋の総数は58室。当時は54室に合計67人が宿泊していた。
 消防車の到着が遅れたために、被害が拡大した可能性もある。目撃者の証言によると、本来なら5分で到着できる距離にもかかわらず、消防車は少なくとも30分以上かかってようやく駆け付けたという。
 襄鉄工程公司のビルを借用し、ホテルは2008年に開業された。1階がフロント・受付、2階がインターネットカフェ、3〜5階部分が客室。鉄道駅に近いために、稼働率が高く推移していた。2階から出火したようだ。インターネットカフェには、100台以上のパソコンが置かれていた。〈中国の統計データ・産業ニュース 亜州IR株式会社〉
《newsclip》


新着PR情報