RSS

ロングステイ希望国 マレーシアが7年連続1位、タイ2位

2013年4月18日(木) 10時48分(タイ時間)
【東南アジア】ロングステイ財団は16日、毎年実施しているロングステイに関する意識調査の結果を発表し、マレーシアが7年連続でロングステイ希望国・地域でトップに選ばれた。タイは2位だった。

 調査は同財団が主催、後援したイベントで行ったアンケートを集計したもので、延べ3235人から回答を得た。

 上位はマレーシア(2047人)、タイ(1177人)、ハワイ(936人)、オーストラリア(754人)、ニュージーランド(544人)の順だった。

 世代別では30代未満でオーストラリア、カナダが1、2位に入り、マレーシアが3位だったほか、マレーシアは他の全ての年齢層で全て1位となった。タイは30代未満で8位だったほか、他の全ての年齢層で2位だった。
《newsclip》


新着PR情報