RSS

〈タイ業界事情〉バーコード(2次元コード)システム

2013年4月25日(木) 00時08分(タイ時間)

 SATO AUTO-ID (THAILAND) CO.,LTD.
進藤 隼人 氏 (General Manager)

作業の標準化・効率化で需要増 改めて注目されるバーコード

 バーコードの存在は万人の知るところで、製造業、小売業、医療施設など、あらゆる業種、あらゆる生活の場で目にするが、弊社では特に昨年から今年にかけて、バーコードシステムの導入に関する問い合わせが増えている。日系のみならず、地場企業からのお引き合いが多いのが特徴。弊社が関連特定製品の今年の売り上げ台数を前年比2倍に設定したほどに、注目度は急上昇だ。日本でも昔、経済発展に伴って「作業の標準化と効率化」でバーコードの需要が一気に高まった時代があった。タイは今まさしく、その時期を迎えているのではないだろうか。

最低賃金の引き上げも一因

 タイでは昨年から今年にかけて段階的に、最低賃金300バーツの全国統一が実施された。バーコードシステムに関する問い合わせの増加は、この最低賃金引き上げのタイミングと重なっている。賃金の上昇で新たな人材を採用しづらくなっているのだろうか、地場企業からも問い合わせが目立つ。

 日系は大きく2つに分かれる。すでにバーコードを使用している企業は、会社設立もしくは事業稼働に合わせて早くから導入しているようだ。一方、生産最優先で事業を開始した企業は、今でも人海戦術を採っているところが少なくない。

 そのような人海戦術も、最低賃金の引き上げでだんだんと無理が効かなくなっている。作業の標準化といったような、大掛かりな生産体制の改善だけではない。「バーコード自体は使っているが、まだまだ無駄がある。ラベラーの前に立って印字されたラベルをはがすだけのスタッフを売り上げ・利益に直結する作業に充てたい」といった労働力1人分2人分の効率化を求める声もある。

作業者ごとのリアルタイム発行やスマホを利用したバーコード発行

 弊社の提案は大きく4段階に分かれる。第1はラベル自体の発行だ。「社内のレーザープリンタでバーコードを印刷、カッターで切り分けていて手間」といった相談に対して、専用プリンタをご紹介。バーコードが1枚1枚発行されるので、人間が手で切り分ける手間がなくなる。

 第2にオートラベラー。専用プリンタでバーコードを印字しても、人間が手で貼る必要がある。その部分の効率化を図りたいというお客様に対しての提案だ。生産ラインなどに設置して、印字と貼り付けを自動で同時に行う。日本や欧米諸国では既に広く使われている。

 第3は作業場ごと生産ラインごとの分散発行だ。専用プリンタで効率良くバーコードを発行しても、そのラベルを複数の作業場に持っていく手間は省けないし、渡し間違えるミスもあろう。スタッフがそれぞれ手に持ってその場でラベルを発行できるモバイルプリンタなら、さらなる効率化を達成、ミスを予防できる。弊社はiOSやアンドロイドに対応したソフトを開発、スマホからの指示でラベル発行が可能なシステムも順次、準備していく。

 そして第4にバーコードにとどまらないトータルな管理システムの構築だ。日系のIT会社様や商社様との連携で、在庫管理、出荷管理、工程管理、トレーサビリティ、システムをお客様の作業の標準化、効率化、省エネ化に貢献すべく提案させていただいている。

安定した動作に評価

 バーコードは一昔も二昔も前から存在し、決して目新しいシステムではない。その分、金額的に魅力的な製品も多い。ただ、そのような製品に対して言えることは「動作の不安定」だ。

 例えばあるメーカーのプリンタ、ほかのメーカーのラベル、さらにどこかのメーカーのリボンと、安価の製品を組み合わせてバーコードを発行したとしても、「印刷がかすれる」「ラベルが剥がれにくい」「プリンタのヘッドがすぐに壊れる」といった問題が起こる。安価なプリンタのメーカーは、他メーカー製品との相性など確認しない。どこか安もののラベルとリボンを使ってもらえれば、その分だけヘッドが摩耗し、頻繁な交換で売り上げを伸ばすことができる。本体は安くても構わないという考えだ。

 一方、弊社はプリンタ、ラベル、リボンの全てを自社ブランドで揃えている。どこかが故障しても「使っているリボンが悪い」「ラベルが粗悪だから故障するのだ」という言い訳はあり得ない。元より品質には自信を持っているが、さらに自社で保守契約制度を設けて、契約期間内の消耗部品の交換などを無償で行なっている。プリンタだけでなく、弊社はバーコードにより最適なバーコードスキャナも御提案している。
 日系企業のお客様は製造業、物流業が多いが、地場になると食品製造業、小売業、医療機関、公共機関などお客様の業種は幅広い。バーコードはあらゆる場面で使われるシステムであり、さらなる普及が見込まれる。

SATO AUTO-ID (THAILAND) CO.,LTD.
住所:292/1 Moo 1 Theparak Road, Tambol Theparak, Muang, Samutprakarn 10270
電話:0-2736-4460
ファクス:0-2736-4461
Eメール:shindo@satothailand.co.th ウェブサイト:www.satothailand.co.th
《ニュースクリップ》


新着PR情報