RSS

中国:新疆ウイグルで襲撃事件発生、21人死亡

2013年4月25日(木) 12時59分(タイ時間)
【中国】新疆ウイグル自治区カシュガル巴楚県で23日午後1時半ごろ(現地時間)、大規模な襲撃事件が発生した。警官と「社区(住民組織)」職員が計15人死亡(ウイグル族10人、漢民族3人、モンゴル族2人)、2人(ウイグル族2人)が負傷したほか、暴徒側は6人が死亡し、8人が逮捕されている。事件の調査を進めるなか、テロ組織による犯行であることが判明した。現地メディアが24日付で伝えた。
 報道によると、社区職員3人が各民家を訪問していたところ、ある民家で多数の不審者が武器を管理していることを発見。職員1人がすぐに電話で幹部に連絡したものの、隠れていた暴徒に取り押さえられた。通報後、派出所の警官や社区幹部が現場に急行。だが、暴徒の襲撃を受けて取り押さえられていた職員ら複数が殺害され、暴徒は部屋に火を放った。
 その後、急いで現場にかけつけた警察が暴徒に対処。事態を鎮静化させた。現在も事件の全容解明に向け、調査が進められている。〈中国の統計データ・産業ニュース 亜州IR株式会社〉
《newsclip》


新着PR情報