RSS

サムイ島の民家床下から白骨死体 行方不明のハンガリー人男性か

2013年4月26日(金) 00時10分(タイ時間)
【タイ】21日、タイ南部サムイ島の民家の床下から白骨化した死体がみつかり、タイ警察は2011年から行方不明になっているハンガリー人男性(失そう当時37)の遺体の可能性が高いとみて、DNA鑑定を行っている。

 タイ警察はハンガリー警察から情報提供を受け、民家の物置のコンクリートの床を取り壊し、さらに3メートルほど掘り進んだ所で死体を発見した。この民家は別のハンガリー人男性(47)をタイ南部プーケットで殺害した容疑で昨年逮捕されたハンガリー人の男(38)が事実上所有している。
《newsclip》


新着PR情報