RSS

バンコク高架電車BTS 運賃値上げ濃厚、延伸区間は値下げ

2013年4月26日(金) 12時32分(タイ時間)
【タイ】バンコク都庁はバンコク高架電車BTSスクムビット線延伸区間(オンヌット駅―ベーリン駅)の運賃を5月17日から現行の15バーツを10バーツに引き下げる。

 シーロム線延伸区間については、12月5日から、タークシン橋駅―バンワー駅で10バーツの運賃を徴収する。現在はタークシン橋駅―ウォンウィエンヤイ駅が15バーツ、ウォンウィエンヤイ駅―タラートプルー駅が無料。タラートプルー駅―バンワー駅は建設中で、12月5日開業を目指している。

 一方、BTSのシーロム線ナショナルスタジアム駅―タークシン橋駅とスクムビット線のモーチット駅―オンヌット駅は6月から運賃が値上げされる見通しだ。両区間の運賃は2007年3月に10―35バーツから15―40バーツに引き上げられ、以来、据え置かれている。契約上は最高56バーツまでの値上げが可能で、運行会社のバンコク・マストランジット・システム(BTSC)とバンコク都庁が協議を行っている。

20130425%20BMA%20-%201.jpg
20130425%20BMA%20-%209.jpg
バンワー駅建設現場を視察するスクムパン・バンコク都知事(25日撮影。写真提供、バンコク都庁)
《newsclip》


新着PR情報