RSS

中国:子供いない夫婦が幼児4人誘拐、言葉発しないよう乳歯抜く

2013年4月28日(日) 01時28分(タイ時間)
【中国】新疆ウイグル自治区和田(ホータン)市の公安当局は22日、誘拐された幼児4人の最後の1人の身元を確認し、重大な誘拐事件を解決した。容疑者の男女2人は刑事拘留されている。2人は幼児がしゃべれないよう、生えたばかりの幼児の乳歯をペンチで抜き取っていたという。政府系メディアが25日付で伝えた。
 「2年前に行方不明となった幼児の顔写真に良く似た小さな子供を和田市内で見つけた」との通報を受け、警察は4月12日、この情報を頼りに子供が軟禁されている居場所を特定。現場に踏み込み容疑者の男女2人を逮捕した。現場にはこの幼児のほかに、まだ3人の児童が軟禁されていたという。
 男女2人は夫婦。女は警察の取り調べに対し、「自分の子供」と供述したものの、DNA鑑定でこれが虚偽と判明すると、ようやく犯行を認めた。
 2人には生殖能力がないとされる。他人の子供が元気に両親と遊んでいるところを羨む日々を送るなか、“人さらい”を企てた。そして、歩き始めたばかりで自己保護の意識がない1〜2歳の幼児を主なターゲットとしたようだ。周囲や親せきの目をごまかすために妊娠したふりをして、女は2011年1月から外出をせず家にとどまるようになった。同時に、検査に行くと称して夫と共に出かけ、市内でターゲットとする乳児を物色。誘拐した子供を女の父親宅に幽閉した。
 1歳を過ぎた子供は乳歯が生え、簡単な言葉を発せられるようになるが、2人は他人に見つかれるのを恐れて、幼児の歯をペンチで抜き、脅して言葉を発することや歩くことを禁じていた。〈中国の統計データ・産業ニュース 亜州IR株式会社〉
《newsclip》


新着PR情報