RSS

中国:乳幼児向け粉ミルク23種に安全問題、水銀含有が過剰

2013年5月1日(水) 14時34分(タイ時間)
【中国】中国の食品安全当局が3社に対して、缶入りの乳幼児向け粉ミルク製品23種を回収するよう命じた。水銀含有量が安全基準を超えていたため。市場に流通する807サンプルを分析・検査し、うち23サンプルを危険と判断した。深海魚に由来する水銀成分とみられる。
 国が定めた「乳幼児向け粉ミルクの安全基準」によると、キログラム当たりの水銀含有量は0.02ミリグラムを超えてはならない。問題が指摘された23サンプルの水銀含有は、平均で0.03ミリグラムとなっていた。
 製品を速やかに回収するよう浙江貝因美科工貿公司、亨氏(青島)食品公司、江蘇塩城富通食品科技公司に命令したという。ただ、一般人に対する水銀安全基準の上限1.00ミリグラムは超過していないと補足した。〈中国の統計データ・産業ニュース 亜州IR株式会社〉
《newsclip》


新着PR情報