RSS

タイ音楽最大手グラミー、新聞社株を売却

2013年5月6日(月) 17時15分(タイ時間)
【タイ】タイ音楽最大手GMMグラミーのメディア部門GMMメディアは2日、タイ新聞大手マティチョンの株式22・9%をタイ自動車部品大手タイ・サミット・グループのタナートン・ジュンルンルアンキット副会長に約4・6億バーツで売却した。ジュンルンルアンキット家は「マティチョン株の取得は投資で、同社の経営に関与する意図はない」としている。

 マティチョンはタイ字高級紙マティチョンとタイ字大衆紙カオソッドなどを発行。2012年は売上高14・6億バーツ、最終利益1億バーツだった。

 GMMメディアは2005年、マティチョンと英字紙バンコクポスト発行元のポストパブリッシングに出資した。マティチョンとポストパブリッシングはいずれもタイ証券取引所(SET)上場企業。GMMグラミーの創業者オーナーであるパイブーン同社会長はタクシン元首相の旧友で、出資当時はタクシン政権(2001―2006年)に批判的な新聞社への圧力と報じられた。GMMメディアは現在もポストパブリッシング株の23・6%を所有し、筆頭株主となっている。

 ジュンルンルアンキット家はタクシン政権で一族のスリヤ氏が副首相、工業相などを務めた。2003年には英字紙ネーション発行元のネーション・マルチメディア・グループ(NMG)に出資し、こちらも新聞社の締め付けが狙いと報じられた。
《newsclip》


新着PR情報