RSS

迷子犬の懸賞金に6400万円、香港の富裕層が提示

2013年5月8日(水) 13時57分(タイ時間)
【中国】迷子犬発見の懸賞金として、ある富裕層1人が500万香港ドル(約6400万円)を提示したことが香港で話題となっている。名前は「ロチ」で生後5カ月。世界でも極めて稀な種の「雪ゴウ」(英名:Snow mastiff)で、香港に1匹しかいないとされる。今月2日の夜間にブログなどで捜索願が出された。
 愛犬を連れて4月25日、香港のプリンスエドワードを散歩していたところ、縄を振り切って突然に逃走。その後は足取りがつかめなくなった。捜索願のポスターが貼られたバスの運転手によると、高額懸賞金の話は噂でなく真実。通称「招招」と呼ばれる飼い主はカオルーントン(九龍塘)に居住している。身分が「敏感」な人物であるため、これ以上は知らされていない。飼い主は以前に中国本土の不動産に1200万人民元ほどを投資し、相当額の利益を得たという。
 こうしたなか、ブログや捜索願を目にしたネットユーザーからは、「こんな高額の報奨金が得られるなら、いっそ一家全員が退職し、総出で捜索した方が賢明」とする声や、「香港ドルで『500万』と考えるのは早合点で、本当はジンバブエや韓国の通貨じゃないのか」といぶかる見方も出ている。〈中国の統計データ・産業ニュース 亜州IR株式会社〉
《newsclip》


新着PR情報