RSS

上海市の「お見合い大会」に申込み殺到、1万人の大台突破

2013年5月9日(木) 12時43分(タイ時間)
【中国】今月18〜19日の開催を直前に控えて、上海市のお見合い大会「上海市第3回婚恋博覧会(上海万人相親大会)」の申し込みが殺到しているようだ。これまでに申込者は1万人の大台を突破しているという。複数の中国メディアが8日付で伝えた。
 参加受付は4月20日から市内の指定結婚仲介所42カ所で始まっている。インターネットのオフィシャルサイトでも申請が可能だ。参加者の多くが80後(80年代に生まれた世代)だが、今年は90後(90年代に生まれた世代)の女性が全体の3割を占める。また35歳以上の女性が例年になく少ないのが特徴だ。男女の比率は女性が男性を上回っている。また、わが子に代わり両親が申し込みをする例も少なくない。前年の大会では付き添いの親だけでも6000人が会場を訪れたという。応募は5月10日に締め切られる。
 同大会は上海市結婚仲介管理協会が主催し、参加資格は45歳以下の未婚男女。費用は無料。身分証や独身証明書の提示が義務付けられる。当日は会場となる上海吉盛偉邦国際展覧中心(青浦趙巷嘉松北路5369号)まで直通バス(愛情バス)が運行される。〈中国の統計データ・産業ニュース 亜州IR株式会社〉
《newsclip》


新着PR情報