RSS

ポッカサッポロ、マレーシアに飲料工場

2013年5月12日(日) 13時03分(タイ時間)
【マレーシア】ポッカサッポロフード&ビバレッジは10日、マレーシアのジョホール州セナイ地区に飲料工場を建設し、2014年4月に稼働すると発表した。シンガポールの国内販売と輸出が好調でシンガポール工場の製造能力がひっ迫していることから、マレーシア工場建設を決めた。

 新工場は果汁、スポーツドリンク、乳性飲料、お茶、ミルク入りコーヒー及び紅茶、果粒入りドリンクを生産する。500ミリリットルと1・5リットル容量のペットボトルに果汁、お茶などを充填できる最新鋭の無菌充填ラインを導入し、生産能力は500ミリリットルペットボトルが毎分460本、1・5リットルペットボトルが毎分215本で、年間600万ケース。総工費は3420万ドル。工場建設地はシンガポール国境から約20キロ。
《newsclip》

特集



新着PR情報