RSS

「官僚専用」の霊園整備を否定=広州市

2013年5月13日(月) 12時02分(タイ時間)
【中国】広州市の民政局は9日、「市政府が6億2000万人民元(約100億円)を投じて豪華な官僚用霊園を整備する」との報道を一部否定した。福山墓地の計画を紹介し、納骨堂4棟を建てるほか、墓地のエリアを「烈士」、「栄誉」、「芸術」、「公衆」、「壁葬」(壁面に骨壺を収納させた墓)に分割すると説明。「『高級官僚だけを埋葬する』とした情報は事実が歪められたものに過ぎない」と反論した。2期に分割して、今年6月に着工する。
 これまでのメディア報道によると、広州市は「福山革命公墓」を改修したうえでグレードアップし、新たに「銀河公墓」を造成する。埋葬者の身分には厳しい規制を設定し、「革命烈士」「国家幹部」「軍人」などに限定するなどと伝えられていた。〈中国の統計データ・産業ニュース 亜州IR株式会社〉
《newsclip》


新着PR情報