RSS

タイのセントラル、マレーシアでショッピングセンター開発

2013年5月14日(火) 01時26分(タイ時間)
【マレーシア】タイ小売り大手セントラル・グループ傘下の不動産開発運営会社セントラル・パタナー(CPN)は13日、マレーシアのアイシティ・プロパティーズと合弁で、クアラルンプール郊外のセランゴール州シャーアラムにショッピングセンター(SC)を開発すると発表した。オフィスビル、ホテルなどからなる複合不動産計画「アイシティ」の一部で、敷地面積4・5ヘクタール、延床面積13・8万平方メートル、2016年末開業の予定。投資額は5・8億リンギ(約200億円)を見込む。合弁会社にはCPNが60%、アイシティが40%出資する。

 CPNはSC21店、オフィスビル7棟、ホテル2軒などを所有運営。2012年の総売上高は201・3億バーツ、最終利益は61・9億バーツだった。
《newsclip》

特集



新着PR情報