RSS

マレーシア新内閣発表、華人閣僚ポストで混乱

2013年5月15日(水) 16時08分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアのナジブ首相は15日、総選挙での勝利を受け、新内閣の顔触れを発表した。今回の総選挙では、華人票の与党離れが責任問題に発展し、華人系政党が入閣を辞退する意向を示す中、華人閣僚は減少した。ただ、ナジブ首相はこれまで華人系政党、マレーシア華人協会(MCA)の固定ポストだった運輸相に暫定的にヒシャムディン・フセイン氏を任命し、MCAに閣僚ポストを残す考えを示した。このほか、首相府相には銀行大手メイバンクのワヒド・オマル最高経営責任者(CEO)が任命された。

 閣僚は次の通り。
▽首相兼財務相 ナジブ・ラザク(UMNO)
▽副首相兼教育相 ムヒディン・ヤシン(UMNO)
▽第2財務相 アーマド・フスニ・モハマド・ハナズラ(UMNO)
▽内相 ザヒド・ハミディ(UMNO)
▽外相 アニファ・アマン(UMNO)
▽教育・高等教育相 ムヒディン・ヤシン(UMNO)
▽第2教育・高等教育相 イドリス・ジュソ(UMNO)
▽国防相兼運輸相 ヒシャムディン・フセイン(UMNO、運輸相は暫定的に兼任)
▽青年スポーツ相 カイリー・ジャマルディン・アブ・バカル(UMNO)
▽保健相 S・スブラマニアム(MIC)
▽公共事業相 ファリラ・ユスフ(PBB)
▽通産相 ムスタパ・モハメド(UMNO)
▽国内取引・協同組合・消費者相 ハサン・マレク(UMNO)
▽通信・マルチメディア相 アーマド・シャブリー・チーク(UMNO)
▽人的資源相 リチャード・リオット(SUPP)
▽農村・地域開発相 シャフィー・アプダル(UMNO)
▽都市福祉・住宅・地方政府相 アブドゥル・ラーマン・ダーラン(UMNO)
▽連邦直轄区相 トゥンク・アドナン・トゥンク・マンソル
▽農園・一次産品相 ダグラス・ウガー・エンバス(PBB)
▽エネルギー・環境技術・水利相 マキシマス・ジョニティ・オンキリ(PBS)
▽農業・農業関連産業相 イスマイル・サブリ・ヤコブ(UMNO)
▽観光・文化相 モハメド・ナズリ・アブドゥル・アジズ(UMNO)
▽科学・技術・革新相 エウォン・イビン
▽天然資源・環境相 G・パラニベル(MIC)
▽女性・家族・地域開発相 ロハニ・アブドゥル・カリム(PBB)
▽首相府相 アブドゥル・ワヒド・オマル(上院議員に任命予定)、イドリス・ジャラ(上院議員)、ジョセフ・クルップ(PBRS)、シャヒダン・カシム(UMNO)、ナンシー・シュクリ(PBB)、ジョセフ・エントゥル(PRS)、ポール・ロー・センクワン(上院議員)

〈与党連合・国民戦線の構成政党〉
統一マレー国民組織 (UMNO) 、 マレーシア華人協会 (MCA) 、マレーシア人民運動党 (ゲラカン) 、 マレーシア・インド人会議 (MIC) 、 人民進歩党 (PPP) 、 統一伝統ブミプトラ党 (PBB)、サラワク統一人民党 (SUPP) 、統一サバ党 (PBS) 、 自由民主党 (LDP) 、 統一パソクモモグン・カダザンドゥスン・ムルト組織 (UPKO)、 サラワク進歩民主党 (SPDP)、サラワク人民党 (PRS)
《newsclip》

特集



新着PR情報