RSS

自国商品・サービスへの影響 タイでは1位「韓国」、2位「日本」

2013年5月15日(水) 23時32分(タイ時間)
【ASEAN】野村総合研究所が2012年8―12月にマレーシア、タイ、インドネシア、ベトナム、ミャンマーの17―59歳の男女を対象に実施した消費者アンケート調査で、「あなたの国の商品やサービスに影響を最も与えていると思う国をあげてください」という質問に対し、タイでは「韓国」(36・5%)との回答が最も多く、次いで「日本」(30・3%)、「中国」(11・5%)だった。

 マレーシアは「日本」22・6%、「中国」12・6%、「米国」10・7%。

 インドネシアは「日本」35・9%、「中国」23・4%、「韓国」8・3%。

 ベトナムは「中国」41・2%、「日本」21・2%、「米国」14・8%。

 ミャンマーは「中国」73・1%、「タイ」10・9%、「日本」5・8%。
《newsclip》


新着PR情報