RSS

エアアジアX・タイ法人設立へ 日本、韓国路線視野か

2013年5月21日(火) 13時25分(タイ時間)
【タイ】マレーシアの格安航空大手エアアジアのタイ法人タイ・エアアジアに55%出資するタイ証券取引所(SET)上場企業アジア・エイビエーション(AAV)のタサポン最高経営責任者(CEO)が17日、AAV株4・8%を約15億バーツで売却し、AAVへの出資比率を28・2%に引き下げた。タサポン氏は調達した資金を、エアアジアの中長距離路線部門エアアジアXのタイ法人設立とバンコク都内ペッブリ通りでのホテル事業に投じるとしている。ホテルは2つ星、3つ星クラスで、主なターゲットは中国人客。

 エアアジアXのタイ法人は日本、韓国路線への進出を狙っているもよう。名古屋便を検討しているといううわさもある。
《newsclip》

特集



新着PR情報