RSS

中国:農業銀の楊・前副行長の党籍はく奪、巨額の収賄容疑で

2013年5月22日(水) 00時54分(タイ時間)
【中国】重大な規律違反に関与したとして、党中央規律検査委員会の取り調べを受けていた中国農業銀行(アグリカルチュラル・バンク・オブ・チャイナ:1288/HK)の楊●(●=王へんに昆)・前副行長に対し、共産党中央委員会は20日までに、党籍をはく奪したうえで、すべての公職を罷免する処分を下した。複数の中国メディアが伝えた。職権濫用で第3者の便宜を図り、その見返りに巨額の賄賂を受け取ったとされる。具体的な内容や金額など詳細は明らかにされていない。今後は身柄が司法当局に移され、起訴される。
 楊氏を巡っては、マカオのカジノで30億人民元(約480億円)の巨額負債を抱えている――という噂が流れている。30億人民元はカジノ側と交渉のすえに割り引かれた額であり、実際はこれより多く負けているとされる。
 楊氏は1982年に南開大学・政治経済学部を卒業し、1983年に農業銀行入行。人事教育部副主任、行長助手、安徽省支店行長、党書記などを歴任し、04年から副行長(09年から執行董事を兼任)に就いて、同行の株式会社化を推進した。11年度の年俸(税引前)は91万5600人民元。ただ、12年5月に党中央規律検査委員会に連行され、複数の汚職に絡む取り調べを受けたとされる。これは中国建設銀行の張恩照・前行長の収賄事件(04年)以降、銀行界で最大のスキャンダルとなった。〈中国の統計データ・産業ニュース 亜州IR株式会社〉
《newsclip》


新着PR情報