RSS

三菱重工と三菱商事、シンガポールの新交通システム輸送力増強受注

2013年5月23日(木) 11時30分(タイ時間)
【シンガポール】三菱重工業は22日、三菱商事と共同で、シンガポール北東部の新興住宅地センカンとプンゴルの両地区を走る新交通システムの輸送力増強工事をシンガポール陸上交通局から約120億円で受注したと発表した。

 ゴムタイヤ式全自動運転車両(APM)の2両連結化を中心に設備を増強する。2016年完工の予定。

 受注したのは2両連結運行が可能な新車両16両の納入と、既存車両41両のうち16両の改造、変電設備の電力容量増強と信号設備の位置や運転制御システムの変更など。工事完了後は現在の1両だけの運行から、2両連結運行を交えたオペレーションが可能となり、乗客の時間帯別増減に一層柔軟に対応できるようになる。

 シンガポールのセンカン線およびプンゴル線は地下鉄北東線の2駅と住宅地を結ぶ路線長約22キロの支線。三菱重工が開発した海外都市交通向けAPMの初号プロジェクト案件で、同社と三菱商事が1998年に受注、2003年に開業した。通勤通学の足として広く利用されてきたが、近年、乗客数が増加し、輸送力の増強が必要になっていた。APMは完全自動運行システムで無人走行し、ゴムタイヤ走行のため、運行が滑らかで騒音が少ない。
《ニュースクリップ》

特集



新着PR情報