RSS

100円ショップのワッツ、タイ事業でセントラルと資本提携

2013年5月28日(火) 01時49分(タイ時間)
バンコクで行われた調印式の様子の画像
バンコクで行われた調印式の様子
写真提供、Thai Watts Co., Ltd.
バンコクで行われた調印式の様子の画像
バンコクで行われた調印式の様子
写真提供、Thai Watts Co., Ltd.
バンコクで行われた調印式の様子の画像
バンコクで行われた調印式の様子
写真提供、Thai Watts Co., Ltd.
【タイ】100円ショップのワッツ(大阪市中央区)は27日、タイで60バーツ均一店「コモノヤ」を運営する100%出資子会社タイワッツ(資本金1億2000万バーツ)の株式51%をタイ小売り大手セントラル・グループに3800万バーツで売却したと発表した。

 セントラルの集客力、店舗開発力を生かし、店舗網の拡大を図る。

 タイワッツは2009年設立。過去3年はいずれも赤字で、累積赤字は9400万円。2012年5月期は売上高2億5100万円、当期純損失2900万円だった。現在の店舗数は8店。

 セントラルは昨年、「ファミリーマート」と「無印良品」のタイ事業にそれぞれ50%以上出資した。2011年には定食屋チェーン「大戸屋」のタイ事業を買収している。

〈セントラル・グループ〉
中国・海南島出身のジラティワット(鄭)家がタイで創業。百貨店のセントラル、ロビンソン、スーパーのトップス、ホテルのセンタラ、ファストフード店などを展開し、2012年の売上高は1833億バーツだった。
《newsclip》

特集



新着PR情報