RSS

三菱重工、クアラルンプールに事務所 大型インフラ商談に対応

2013年5月29日(水) 22時19分(タイ時間)
【マレーシア】三菱重工業は6月1日付で、マレーシアの首都クアラルンプールに事務所を開設する。発電プラントや都市交通などの大型社会インフラ商談に迅速に対応するのが狙い。マレーシアの案件はこれまでシンガポール拠点がカバーしていた。

 マレーシアはここ数年、2020年までの先進国入りを目指し、大胆な規制緩和や貿易・投資の促進、インフラ整備などに取り組んでいる。三菱重工は同国で、2011年に大型肥料プラント建設プロジェクトを、2012年にクアラルンプール地下鉄1号線の鉄道システムを受注した。
《newsclip》

特集



新着PR情報